DVを起こす男性の特徴と対策

DVとは、ドメスティック・バイオレンスの略称で、同居している親族間における暴力の事を指しますが、近年このDVで傷害事件や致死事件などが多発しており、又暴力を振るわれることが原因で離婚に至る夫婦も増加傾向にあります。
DVは夫婦間や恋人関係にある男女にもっとも頻繁に起こる行為ですが、特に男性から女性に向けた暴力行為は最も多いとされています。
頻発するのが身体的暴力で、殴るけるといった暴力ですがその他にも性的暴力や言葉の暴力など、様々な形で男性側から女性に向けたDVが行われています。
この背景には古くから日本に伝わる男尊女卑的な考えが根底にあると考えられますが、アルコールや仕事のストレスなどが原因でこうした行為に走る男性も少なくありません。
普段は良い夫や恋人としてふるまっていても、突然DVに走る男性もいますので注意が必要です。
特に、女性を支配したがる男性や行動を事細かにチェックしないと気が済まない男性は、DVに走る傾向にあります。
付き合っているときにはそれほど気にならなくても、結婚してから気づいたり発覚するケースも多々ありますので、結婚を考えている男性に強い束縛傾向がある場合は高い確率でDV夫になることが多いため、結婚自体を再検討する必要があります。